比較的手軽に借りやすいリフォームローン

比較的手軽に借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。
保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。
一方で、金利が高いことや、借入期間が短い、限度額が少ないなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。
無担型ローンをお勧めする場合は小規模なリフォームを行う時になります。
持ち家かつ、少額のリフォームということになれば余裕がある家庭のリフォームとみなされることが多いため審査に通りやすいと言われています。
おすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。
けれども、住宅事情は人それぞれ違いますからひとえにインターネットの情報だけに頼るのはいけません。
まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。
リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額であれば小回りが利く無担保型ローンが良いかと思います。
中古住宅の購入と併せてリフォームを計画されている方は一体型のリフォームローンを選べば金利を低く抑えることができます。
最近話題のアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。
申し込める条件として、20歳以上65歳未満、安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。
気になる金利ですが短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。
家に居ながら申し込みが可能なことや保証人や担保が要りませんので小規模なリフォームには最適です。
シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、アプラスのリフォームローンについて詳しく知りたいという方は、一度、HPをご覧になってみてくださいね。
リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税の控除が可能です。
申告をするとその年の所得税から限度額はありますが工事費の10%が還付されます。
対象となるリフォームと限度額は条件があり指定されています。
三世代同居、省エネまたは耐震工事は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。
共用する控除の要件として自分が所有し居住することや所得が3000万円以下でないと適用されないなどがあります。
リフォームローン減税について説明します。
リフォームローン減税とは住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税です。
対象となる工事内容についてですが何でも対象になるというわけではなくいくつか条件があります。
減税の対象となるリフォーム工事は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などでしかも100万円を超えないと適用されません。
申請する側についても要件があり年収3000万円以下で返済期間が10年以上、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなどがあります。
減税制度を受けるには自己申告制になっているため入居した翌年に確定申告しなければ減税制度を受けられません。
金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。
リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額、金利相場に違いがあります。
無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年となっており、借入れ可能な上限金額は500万円から1000万円となっていますが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。
金利に関しては長期借入する方が低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。
そのほか、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。
ARUHI(アルヒ)のリフォームローンは 申込資格が満20歳以上から65歳未満(完済時年齢80歳未満)の個人と規定されています。
融資金額は50万円以上1000万円以内とリフォームローンとしては高額で、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。
それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。
また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、任意で団信保険付プランを選択することもできます。
ARUHI(アルヒ)の利率の適用基準は変動金利型で、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。
アルヒのリフォームローンの商品タイプはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれ基準金利と事務手数料が異なります。
(事務手数料は融資実行時に融資金より差引かれます)融資を受けたリフォームローンに余剰が出た場合、融資業者に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額というのは業者が作成する見積書などによって確定となりますので余るケースは稀ですが余剰分をそのままにしておくと過大請求したみたいで不安になってしまいますよね。
一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資をすすめてくるリフォーム業者もいます。
また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、上乗せ融資を勧めることもあるみたいです。
余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、余剰分が気になるという人は繰り上げ返済をしておくことをおすすめします。