花いちもんめ

二組に分かれたメンバーの中から、欲しい人を選びます。そして、ジャンケンで勝ったグループが、選んだ欲しい人をもらうゲーム。この遊びは、日本に古くから伝わります。じつは、この遊びに唄われる歌は、人買いが起源といわれているのです。花いちもんめでは、具体的には次のように唄われます。かって嬉しい花いちもんめ。
まけて悔しい花いちもんめ。あの子が欲しい。 あの子じゃわからん。相談しましょ。 そうしましょ。この歌詞は、花を買うときに、値段が一匁(いちもんめ)の花の「値段をまけてくやしく感じている売り手側」と、「安く買えてうれしがる買い手側」の様子が表現されていると考えられています。ですが、とある説によると「花」は「女性」を指す隠語なのです。一匁で取り引きされていたのは、人だったのです。つまり、人買いの様子を歌にしたものだとも言わてるわけです。
このような古くからから伝わる歌には確実に信じられる説があるわけではないのです。あの「ゆびきりげんまん」も、嘘をついたら「指を切り落とし、拳で一万回殴られる」という意味を持った歌といわれています。実際、このような古い歌には残虐性のある意味を持つ歌が多いのは本当だといわれています。恐ろしいことですよね。